Archive for 2013年10月

美肌力満点の甘麹

ブログ | Posted by wM5iHpB
10月 13 2013

甘麹は甘酒として飲みやすい状態に薄めて飲みますが、流行りの塩麹と違って調味料としてでなくそのまま食べられるのも、その魅力のひとつです。
できれば生きた酵素を摂るために火を加えず食べられるといいですね。そのままでも美肌効果は抜群なのですが、他のものといっしょくた食べたり調理に工夫したりすれば、さらに効率的に美肌を維持できます。

好みの果物や野菜を一口大にカットし、甘麹に漬けて一晩おくとそのまま食べたりミキサーでジュースにしたりしても大人スイーツとして楽しめます。
マヨネーズとゴマと甘麹を混ぜ、好みで醤油を垂らすと和製タルタルソースのようなイメージでドレッシングやソースとして使えますし、味噌やお酢と混ぜてディップにしても美味しいです。チーズやジャムに混ぜるとクリーミーなペーストとしてパンなどに塗っても食べられます。

a1400_000366

また、砂糖の代わりに白和えなどに使っても風味が活かせますし、フープロやミキサーで粒がなくなるまで滑らかにして、シロップとして飲み物やアイスなどのスイーツにかけても美味しいです。
甘麹を活用して美肌作り役立ててみましょう。

美肌アロマ、フランキンセンス

ブログ | Posted by wM5iHpB
10月 02 2013

この時期、乾燥はもちろんのこと、乾燥からくる毛穴の開きや黒ずみも気になります。手ごわい乾燥や夏とはちょっと症状が違う毛穴の開きにフランキンセンスというアロマが効くそうです。

フランキンセンスとは別名「乳香(にゅうこう)」「オリバナム」と呼ばれる樹液のことで、紀元前からエジプトで王族が愛用しており、当時から聖水に樹脂を垂らして化粧水として用いられ、古代の女性たちの美肌エキスとして使われていました。

またイエス・キリストの誕生の際に東方の三博士が黄金、ミルラ(アロマではムスクの香)と一緒に贈ったとされるほど価値のある貴重なものとして取引されていました。

a1400_000366

フランキンセンスは肌細胞の再生能力が非常に高く、乾燥や紫外線から肌を守ったり、収れん効果も期待できるのでニキビ予防になるともいわれています。更に女性の心の平安を保てる香りとも言われ、子宮系の病気予防や出産時にも使用されているそうでフランキンセンスは、身近なアロマショップで精油として販売されています。

最近ではスキンケアアイテムにこのフランキンセンスが配合されていることもありますので要チェックですね。