酒粕で美肌づくり

Posted by wM5iHpB

粕汁や甘酒はもちろんのこと、焼いてアルコールを飛ばせばチーズっぽい味になるし、油で揚げたり、香ばしく焼けばればカリカリとした食食感も楽しめるスーパー食材の酒粕ですが、食べるだけでなくパックにしても効果があるとのことです。

パックの基本の作り方は簡単で、酒粕100gをできれば精製水か湯冷ましの水約200ccで溶いたら完成です。出来上がりはホワイトソースくらいのペースト状を目指します。水を減らして、その分ハチミツやオリーブオイルなどの美肌効果があるとのことですあるものを好みで混ぜて、オリジナルパックを作るのもいいと思います。生物ですので保管するなら冷蔵庫で、食べるのと同じくらいの期間で使いきるようにします。

a1180_014514

また、入浴剤としてお風呂に入れても効果的だそうです。酒粕を小さくちぎって布の袋に入れてお湯につけて揉み溶かすだけです。適当な布の袋がないときは、キメの細かい洗濯ネットやだしパックなどで代用してもいいと思います。酒粕には皮膚の表面温度を上げて毛穴を開く働きがあるので皮膚の老廃物を取り除き、お肌をきれいな状態に戻します。保湿効果・保温効果で、湯上がり後もしっとりホカホカです。

コメントは停止中です。